ウレタン塗膜防水

  1. 総合トップページ
  2. 行政、工務店の皆様へ
  3. 工事内容 ウレタン塗膜防水工事

ウレタン防水工法 小面積、歩行場所に優れています。

防水効果のあるウレタンゴムを流し重ねていき、硬化によって防水層の役割を持たせるタイプの防水工事です。複雑な形状でも柔軟に施工でき、シート防水に比べつなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴があります。新築時、改修時に建物の形状や利用方法に最適な防水膜を施工することできます。

ウレタン塗膜防水

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景


  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

現場事例:その1

  • 作業風景

    作業:1
    とある施設の屋根と屋根の間のスペースです。高架水槽や、アンテナ基礎、断熱用の玉砂利まであります。既設の防水は、アスファルト防水ですが、アスファルト防水の露出単層貼りはフクレをおこしやすく、改修には不向きです。

  • 作業風景

    作業:2
    このような狭くて、いろんなものがある場所には、ウレタン防水が施工しやすくて最適です。見るからに施工しにくそうです。

  • 作業風景

    作業:3
    まず、玉砂利を撤去します。昔の公共施設では、断熱材の代わりに玉砂利を載せている屋上が結構あります。防水が痛んだときは、改修するのが大変です。

  • 作業風景

    作業:4
    既設のアスファルト防水を撤去します。バールや、スコップなどを使うと簡単に剥がれてしまいます。アスファルト防水がこのような状態になると、雨漏りは結構ヒドイ状態となっている場合が多いです。


  • 作業風景

    作業:5
    掃除しただけでは、キレイになりそうに無かったので、高圧洗浄しました。圧力の高い水で洗うことによって、汚れや、ゴミがキレイになります。もちろん、雨漏りしている現場では、漏れないように気をつけなければいけません。

  • 作業風景

    作業:6
    下地調整です。アスファルト防水を撤去すると、下地がガタガタになるので、樹脂モルタルを使って平滑にします。この時、しっかり接着させるため、接着剤を先に塗ると効果大です。

  • 作業風景

    作業:7
    下地調整が終わりました。ガタガタが消えて平滑になっています。この状態で雨が降っても、仮防水がきいているので、雨漏りはしません。

  • 作業風景

    作業:8
    プライマー(接着強化剤)を全面に塗ります。ローラーを使用しますが、細かいところはハケを使用します。塗りムラの無いように均等に塗ります。


  • 作業風景

    作業:9
    ウレタン防水材を金コテにて延ばしていきます。ローラーで塗る業者さんもあるようですが、ローラーで塗ると厚みがつきません。防水材を撒きながら、金コテで延ばしていくように施工しなければ、薄い膜になってしまいます。ウレタン防水材は、ゴムを溶かしたような感じですが、硬化すると弾力のあるゴムになります。

  • 作業風景

    作業:10
    1回では、厚みがつきにくいので、2回施工します。この時、1回目の厚みを確認しながら均一に延ばしていきます。

  • 作業風景

    作業:11
    2回目が硬化したら、仕上げ塗りです。このトップコートという仕上げ剤は、防水層を紫外線から保護するという大切な役割をします。塗っても塗らなくても色はあまり変わりませんが、絶対に施工しないといけない工程です。

  • 作業風景

    作業:12
    完了しました。ツヤのあるキレイな仕上がりになります。


  • 作業風景

    作業:13
    機械の基礎廻りも、ウレタン防水材は自由がききやすいため、キレイに施工できます。ここは、人が上がる場所ではないので、ツヤあり仕上げです。歩行するようなところでは、珪砂をまいて滑り止めの仕上げにします。(塗り床の工事を参照して下さい。)

  • 作業風景

    作業:14
    ウレタン防水の改修工事は、責任施工で5年保証が基本です。今回の現場は、全面密着工法でしたが、下地の水分を抜く仕様で、「通気干渉工法」があります。「通気干渉工法」は、責任施工で10年保証です。もちろん、歩行も可能です。

現場事例:その2

  • 作業風景

    作業:1
    コンクリートの上に改修する場合、水分が閉じ込められている可能性があるので、穴あき通気シートを貼り付けます。

  • 作業風景

    作業:2
    平場は全面貼り付けます。これで、コンクリート中の水分を逃がす層が出来ます。

  • 作業風景

    作業:3
    通気層の目留めのために、しっかりとウレタンゴムを伸ばします。この時、ローラーは使いません。 ローラーで塗ると、膜厚がつきません。

  • 作業風景

    作業:4
    硬化したら、再度ウレタンゴムを重ねます。


  • 作業風景

    作業:5
    仕上げは、ノンスリップ仕上げです。シート防水が出来ないような現場では、ウレタン防水の通気干渉工法が有効です。

現場事例:その3

  • 作業風景

    作業:1
    とある高校の部室の廊下です。雨漏りしています。しっかり清掃します。

  • 作業風景

    作業:2
    樹脂モルタルで、下地を平滑にします。この工程はとっても大切です。

  • 作業風景

    作業:3
    プライマー(接着剤)を塗ります。しっかり塗らないと、防水層の接着性が悪くなります。

  • 作業風景

    作業:4
    補強用のクロスを貼りつけます。このとき、ウレタン樹脂でしっかりエア抜きしながら、貼りつけます。このクロスを入れると、普通に塗るだけよりも、よりしっかりした防水層が形成できます。


  • 作業風景

    作業:5
    硬化後、重ねてウレタン樹脂を塗ります。このときも、ローラーなどは使わずに、ゴムベラ、金コテで延ばしていきます。

  • 作業風景

    作業:6
    そして、仕上げ塗りです。ここは歩行を頻繁に行うので、滑り止めの仕上げです。

  • 作業風景

    作業:7
    完了しました。
    ジョイントのない、きれいな防水層が形成されます。歩行が多い場所では、ウレタン防水はとっても有効ですよ。