塗り床

  1. 総合トップページ
  2. 行政、工務店の皆様へ
  3. 工事内容 塗り床工事

塗り床。工場床、廊下、食堂床などの滑り止めに有効です。

工場や学校などの各種施設における塗り床施工は、施設の使用状況に応じて、床下地のコンクリートの保護と施設ごとに現場の使い勝手を考えた施工を行います。。

塗り床

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

現場事例:その1

  • 作業風景

    作業:1
    学校の廊下です。廊下もそうですが、工場や、食堂などの床にも滑り止め、腐り止めが塗られています。防水材料と同じ成分のものを塗りつけて、コンクリートを保護し、滑り止め、腐り止めの役割をします。

  • 作業風景

    作業:2
    屋内階段も滑り止めが塗られていることが多いです。

  • 作業風景

    作業:3
    まず、痛んだところを撤去します。浮いているところは、そのまま上から施工できません。これがなかなか大変な作業なのです。

  • 作業風景

    作業:4
    清掃、下地処理を行い、プライマーを塗ります。全ての工事は、このプライマーから始まります。


  • 作業風景

    作業:5
    ウレタン防水のところでも紹介してますが、材料を撒きながら、金コテで延ばしていきます。ローラー塗りでは、厚みが均一にならず、薄くなってしまいます。

  • 作業風景

    作業:6
    階段の様な幅の狭いところは、小さいコテとハケで延ばしていきます。

  • 作業風景

    作業:7
    滑り止め効果をだすために、全面に珪砂を撒きます。粒の大きさによってザラザラ感が違います。ここは小学校なので、大きな珪砂は転倒したときに擦り傷を起こすので、粒度の小さいものにしました。

  • 作業風景

    作業:8
    完了です。


  • 作業風景

    作業:9
    今回はウレタンゴムを使用して、弾力がある滑り止め効果重視で施工しました。工場や、食堂などでは、薬品を使用するので、エポキシ樹脂を使用した、腐り止め重視の塗り床が有効です。もちろん、滑り止め加工もできますよ。