外壁の塗り替え

  1. 総合トップページ
  2. 一般の方向けトップページ
  3. 工事内容 一般住宅の雨漏り現場事例

現場事例:ベランダ防水のやり替え

  • 作業風景

    作業:1
    木造住宅のベランダです。40年以上経過しているので、ボロボロです。下の部屋に雨漏りがしています。

  • 作業風景

    作業:2
    なんと、排水ドレンに花が咲いています。これでは水は流れません。

  • 作業風景

    作業:3
    撤去すると、排水ドレンが花瓶の役目をして、根っこが伸びています。こういった状況は、手摺などがあり、掃除しにくいベランダに多く見られます。

  • 作業風景

    作業:4
    水洗いです。高圧洗浄するわけにはいかないので、棒擦りで丁寧に掃除します。


  • 作業風景

    作業:5
    ボロボロの下地を樹脂モルタルで補修します。 これだけでも効果はあります。

  • 作業風景

    作業:6
    狭いベランダのため、ウレタン防水です。2回施工します。

  • 作業風景

    作業:7
    出入りがあるため、滑らないようにノンスリップ仕上げです。表面がざらざらしているので雨の後も滑りません。

  • 作業風景

    作業:8
    物干し台を戻して完了です。40年以上経過しているおうちは、結構痛みに差が出ます。何もメンテナンスしないと痛むばかりです。せめて掃除くらいはしたほうがいいですよ。

現場事例:ベランダの壁にクラック

  • 作業風景

    作業:1
    ベランダの壁にクラックが入っています。普段は雨が降っても濡れないところですが、風の強い吹き降りの時にポタポタ水が落ちてくるそうです。モルタルの壁は割れると水が浸入します。

  • 作業風景

    作業:2
    シール剤で応急処置します。このシール剤はシリコン系なので、上から塗装ができません。クリア色なので、目立ちにくいので、お客様の要望で施工しました。

  • 作業風景

    作業:3
    あくまで応急処置です。何年かは持ちますが、根本的に塗り替えをした方が、お家は長持ちしますよ。

現場事例:窓廻りから雨漏り

  • 作業風景

    作業:1
    窓廻りから雨漏りです。雨漏りの原因になりやすいところですね。

  • 作業風景

    作業:2
    サッシの下側。壁との間に大きな隙間があります。この水切り金物と壁との間がガタガタしていると、吹き降りの雨などでは、雨水が逆流して浸入してきます。

  • 作業風景

    作業:3
    鉄板屋根の壁との取り合いです。この屋根は瓦棒屋根ですが、下地が木なので、ビスで留めています。このビスが緩むと、水が入ってきます。

  • 作業風景

    作業:4
    マスキングテープを貼って準備完了。


  • 作業風景

    作業:5
    シール材を充填します。

  • 作業風景

    作業:6
    水切り金物の下です。

  • 作業風景

    作業:7
    シール材を充填します。

  • 作業風景

    作業:8
    新たに金物の不具合を発見。一本で通していません。テープのところで繋いでいます。50年近く前の建物ですから・・・・。ジョイントをシール材で処理します。


  • 作業風景

    作業:9
    シール材充填!!

  • 作業風景

    作業:10
    ビスの頭もシール材充填完了!!

現場事例:新築時の防水施工ミス

  • 作業風景

    作業:1
    ベランダの下の部屋も雨漏りしてました。ベランダはFRP防水をしていましたが、新築の工事の際の施工不良が原因でした。新築時の防水業者さんの施工に問題があったようで、床と立上部の取り合いにピンホール(矢印の小さい穴)がありました。小さな穴でも、床に穴があると水は浸入します。よく注意してみましょう。

  • 作業風景

    作業:2
    防水をやりかえるまでも痛んでいないので、シール剤で補修しました。